2012年

3月

13日

Kさん邸 下見板の改修工事 【その1】

会社のお向かいのKさんから、外壁材である下見板の改修工事をご依頼いただきました。

 

浜風が強く当たる南面の杉板はすっかり色あせ、ひび割れからの雨水の侵入も予想される状態に。

 

それにしても、南面に開口部が一切ないのは珍しい作りですね。

 

近隣様へのご迷惑を軽減するため、足場ネットを貼りました。

解体時に出る木くずが飛び散らない効果があります。

 

さっそく古い板をはがして、下地の状態を確認。

 

思っていたより綺麗です。

間柱は何箇所か交換する必要がありますが、柱の腐食は見られませんでした。

 

これならスムーズに次の作業に進めます。

 

→その2へ続く