Kさん邸 下見板の改修工事 【その2】

天気が良いうちに下見板の施工工程に。

 

透湿・防水シートを貼った壁面の下部から、杉板を順番に一枚づつ貼っていきます。

 

杉板はあらかじめ倉庫内で自然乾燥させておいたものを使用しています。

 

乾燥が不十分だと日の光を浴びて急激に板が乾燥しサイズが縮むので、見た目にばらつきや隙間が生じてしまうからです。

 

板を貼り終わると、上部から防腐塗料を塗っていきます。

 

今回は他の面の色との兼ね合いも考え、ブラウン色を選択しました。

風当たりが強い壁面は、色褪せが生じてもそれほど目立たないダーク系の色を塗った方が良いですね。

 

→その3へつづく