かほく市 Mさん邸 床組の改修工事

こんにちは、桜井です。

 

いつもお世話になっているMさんから和室の床組工事のご依頼。

 

築50年以上経過しているため床を支える部材がかなり劣化しており、束(つか)や大引(おおびき)、根太(ねだ)も全てあたらしいものを施工。

 

床の加重を支える鋼製束(こうせいづか)と束石(つかいし)の接着面には、専用の接着剤を注入して、がたつきが生じないように措置しておきます。

 

床の骨組みが完成したら、根太(ねだ)の間に床下用の断熱材をはめこんでいきます。

こうしておくことで、断熱効果はもちろん、床下からの湿気による床板の劣化も防ぐことができます。

 

床板となる構造用合板を全て並べ、しっかりとビス打ちしたら大工工事は終了。

 

後日、畳屋さんが新しい畳を搬入すればリフォーム完成です。

 

桜井材木へのお問合せ

どんな小さなお困りごとでも、お気軽にご相談ください。

TEL. 076-281-2185

Mobile. 090-7340-3456

E-mail. gndrd234@ybb.ne.jp