かほく市 Kさん邸 天井と床の貼り換え工事

こんにちは、桜井です。

 

いつもお世話になっているKさんから、洋室の天井板と床の貼り換え工事のご依頼。

 

古い天井材を剥した際に、天井裏に潜り込んで断熱材を施工しました。

夏が終わったとはいえ天井裏はやっぱりまだ暑いです。

 

断熱材が入るとこんな感じに。

夏の暑さ・冬の寒さを軽減でき、結露対策にもなります。

 

そして既存の下地材をそのまま再利用し、あたらしい天井材を貼っていきます。

 

【Before】
【Before】

工事前の様子がこちら。

長年の湿気により、古い天井材が勝手に剥がれ落ちたそうです。

 

【After】
【After】

工事完了がこちら。

ホワイトなのでとても明るくなった気がしますね。

 

このダイケンの天井材には調質効果もあるんですよ。

 

【Before】
【Before】

フロアー材の貼り換え工事前の様子。

 

床下からの湿気が原因で、床材そのものが痛んでいました。

 

約14畳の既存の床の上に、新しい床材を二重貼りにして仕上げました。

 

解体を含め、おおよそ二日と半日で工事は完了。

 

Kさん、今回もお気遣いいただきありがとうございました。

 

桜井材木へのお問合せ

どんな些細なお悩みもお気軽にご相談ください。

TEL. 076-281-2185

Mobile. 090-7340-3456

E-mail. gndrd234@ybb.ne.jp