Kさん邸 格子の製作

こんにちは、桜井です。

 

これまでにも塀垣やウッドデッキの製作工事も任せていただいたKさんから、縁側用の木製格子の製作をご依頼いただきました。

 

素材には無節の杉を使うことに。

 

化粧面は手で鉋がけをして仕上げました。

 

綺麗な鉋くずは、何かの飾りに再利用できないかなーと思ったりします。

 

格子の部材の断面は、将棋の駒のような形になっています。

 

化粧面の角を大きく斜めに加工した部材を猿棒(さるぼう)と言い、正面からの見た目をスッキリさせたいときに効果を発揮する昔ながらの技術です。

 

縦格子を留めるための横部材の裏面には溝を二列彫り、その溝の中にステンレスビスを打ち込んであります。

 

格子を取り付けた後に、その溝の大きさにあわせて作った桟をはめこみ、ビスを隠すように仕上げました。

 

わざと色味の違う木をあわせたので、綺麗にラインの入ったおもしろい見た目になったと思います。

 

そして完成写真がこちら。

 

お庭いじりが好きなKさんの縁側の雰囲気にあう、上品な仕上がりになりました。

 

用途にあわせて素材や大きさを調整できるのが、オーダーメイドの強みですね。

 

桜井材木へのお問合せ

どんな些細なお悩みもお気軽にご相談ください。

TEL. 076-281-2185

Mobile. 090-7340-3456

E-mail. gndrd234@ybb.ne.jp