ケヤキのテーブル製作 「材料加工」


こんにちは、桜井です。

 

これまでにオーダーメイドのダイニングテーブルやベンチ椅子、収納家具などを納品させていただいたHさんから、今回はケヤキの座卓テーブルの製作のご依頼。

 

全長約3メートルという超特大の一枚板を贅沢に使用します。

この板は、2年ほどまえからHさん邸の座敷で仮置きし、テーブル用に乾燥させていたものなんです。

 

Hさんに工場まで足を運んでもらい、打ち合わせをしながらサイズや形状を決めました。

 

自然乾燥させているうちに、板そのものがかなり反っていたので電気鉋やベルトサンダーで表面を削りフラットにします。

機械に通せるサイズではないので、全て手作業です。

 

板を削る作業のあとは、天板裏面につける脚の製作です。

 

こちらもケヤキの角材を使用し、とても貫録のあるものになりました。

 

天板との合体部分には「アリ」という名前の細工が施してあります。

この斜めになった形がとても重要な意味を持っています。

 


おおつみ君が天板を刻み、脚をはめこむためのホゾ穴を掘っています。

 

ケヤキは非常に硬い木材なので、なかなか簡単にノミが入っていきません。

何度も何度も作業し、少しづつ形を作っていきます。

 

ホゾ穴の中も、先ほどと同様に斜め形状になっています。

ここに脚のアリ部分が入り込むと、ガッチリと食い込んで簡単には抜けないようになるのです。

 

ここまでくれば、もう少しで完成ですね。

 

■ブログランキング参加中■

あなたの応援で頑張れます。

↓ポチっとご協力をぜひ★