Mさん邸 水まわりのリフォーム 完成

こんにちは、桜井です。

 

8月中に工事をしていたMさん邸水まわりのリフォームが完成しました。

 

まずはキッチンからの紹介。

左は以前の様子、

昭和を感じさせる雰囲気でしたね。

高い位置にある吊戸棚は使い勝手があまりよくない様子でした。

 

テーブルはありますが、ダイニングとして使うことはほとんど無かったようなので、床面積は以前よりも小さくし、調理場のみのスペースとしてリフォーム。


こちらが新しくなったキッチンの完成写真です。

 

システムキッチンはシックな配色ですが、空間は非常に明るくなりました。

 

雰囲気がガラっと変わって、Mさんにも気に入ってもらえたようです。

 


続きまして、バスルームのビフォーアフター。

 

並べて写真を見ると、ユニットバスの今と昔って、こんなに仕様やデザインが変化したんだなぁと実感。

 

とにかく冬場もひんやりしないように作られているのがいいですね。

 


以前、廊下として使用していた空間は、バスルーム前の洗面脱衣室にリフォーム。

 

家屋自体の傾きが大きかったので、壁下地を施工するのに苦労しました。

でも、頑張ったかいあって綺麗に仕上がりましたね。

 


以前は、トイレ前の床がコンクリートだったので、廊下から降りて履物をはいて移動しなくてはなりませんでした。

これってかなり不便ですよね。

 

新しくなった空間では、ユーティリティスペースとして使用。

洗濯機や給湯器が並ぶ部屋となりました。

 

ちゃんと床も作ったので、すんなりトイレに行けます。

 


最後はトイレの紹介。

 

便器の位置を対面に変えることで出入り口を反転させ、ユーティリティからの動線がスムーズに。

 

床面積は変わっていませんが、明るい色調になったので広々とした空間に感じますね。

 

 

以上、Mさん邸水回りリフォームのビフォーアフター報告でした。