バリアフリー改修工事を施工しました

金沢のMさん邸にて、手すりの取り付け・段差解消によるバリアフリー改修工事を施工させていただきました。

 

玄関前の屋外部分にはステンレスとアルミ製のパイプを加工し、専用の金具を連結させて高さの違う二段の手すりに。

これは、背の高さの違うご夫婦の使い勝手を考慮した形になっています。

 

トイレの手すりは必須アイテムですね。

リフォーム時に、将来の使い勝手を考えてあらかじめつけておくことをお薦めします。

 

玄関から床への段差解消に、ステップ用の台を設置。

こちらは工場にて製作いたしました。

 

津幡町のMさん邸では、屋外の長い階段に手すりを設置。

山沿いの勾配のある住宅地には、こういったコンクリート階段のあるお家が多いですね。

半日程度で終わる簡単な工事ですので、手すりが無くお困りの方はお気軽に御相談ください。

 

なお、バリアフリー改修工事はお客様の条件により、工事費の9割が補助金として支給されるケースがあります。

 

【補助金について】

介護や支援が必要と認められている人は、介護保険から住宅改修(リフォーム)の費用が支給されます。
ただし、床の段差の解消や手すりの取り付け、便座を洋式にするなどのバリアフリー化改修工事に限定されています。
なお、支給額には上限があり、改修にかかった費用の1割は自己負担となります。
自治体によって対象となる改修工事の内容が異なったり、独自の助成金制度を実施している場合もありますので、詳細はお住まいの市区町村役所へお問合せください。