Kさん宅の塀垣をつくりました 【その2】

部材が完成したら、現場へ移動しさっそく組み上げていきます。

 

まずは基礎の上に土台を据え付け柱を立てます。

柱の中心には、貫(ぬき)と呼ばれる「あばら骨」のような役目を果たす部材を通していきます。

 

構造材の組み立てが終わればいよいよ、くさまきの板を貼っていきます。

白い木肌がとても綺麗ですね。

節が無いのも魅力です。

 

表面は全て貼り終えました。

板と板との隙間に、今度は裏面から板を貼っていくことで、透かした作りの壁面が完成するのです。

 

【完成へつづく】